日頃のケアで肌がボロボロ!?メンズもスキンケアをする時代!

男性もスキンケアをしましょう

今やメンズもスキンケアをする時代!
肌のきれいな男性は若々しく、どことなく仕事ができる印象を与えてくれます。

肌に自信がない方は、もしかしたら日頃のケアが間違っているかも?
ちょっと意識を変えてみるだけで、肌はぐっと綺麗になっていきます。

アイドルやモデルのような肌を目指す必要はありません。
カミソリ負けやニキビ、脂っぽさ知らずのサラッとした清潔肌を目指したい方は必読。
男性向けスキンケアの方法を紹介します。

・洗顔は念入りに

洗顔をすることで、その後のスキンケアの浸透度が変わります!

洗顔には、顔についた汚れや雑菌などを取り除き、清潔な環境に戻す役割があります。

ここで気をつけておきたいのは、力任せにゴシゴシこすらないこと。
肌を強くこすると摩擦してしまい、色素沈着や乾燥の原因になってしまいます。
乾燥するとカミソリ負けや肌荒れなどを引き起こしやすくなるので、たっぷりの泡で洗いましょう。

洗顔フォームだと、配合成分のラウレス硫酸ナトリウムが皮脂を取り除きすぎてしまうことがあります。
石鹸素地だけでできた固形せっけんを選ぶのがオススメです。

・とにかく保湿するべし!

顔を綺麗に洗ったら、すぐに保湿しましょう!

男性の肌は日々のヒゲ剃りや室内のエアコンなどによって皮膚刺激を受け、乾燥しがちになっています。

肌が乾燥するとカミソリ負けを起こしやすくなるので、カミソリ負けを防ぐためにも保湿は欠かさないようにしたいところです。

また洗顔後の肌は水分が蒸発しやすくなっているので、肌の潤いを閉じ込めるために、乳液やオールインワンクリームなどで蓋をしましょう。

化粧水を使うのは逆効果だといわれています。化粧水を付けすぎると肌の水分が過剰になり、そのぶん蒸発する量も増えてしまうからです。

もとから抱え込んでいる水分を逃さないよう、洗顔後は素早くローションか乳液といった油分を含むスキンケア化粧品を使ってください。

・意外な落とし穴!男性特有の化粧品は使うな!?

近年では男性の肌にも合うように多くのスキンケア化粧品が出ていますが、実はあまり使うと肌に逆効果なんです。

男性向け化粧品の多くは、清涼感を重視してエタノールやメントールが配合されています。

中でも注意しておきたいのはエタノール
エタノールはアルコールの1つで、水分を揮発させる作用があります。
肌のうるおい成分を飛ばすため、内側が乾燥するインナードライ肌を招くことがあります。

インナードライ肌になると、皮脂の分泌が増えてギトギト肌になってしまい、清潔感とは程遠い肌に…。

メントール配合の商品なら問題ありませんが、エタノールを含んだ化粧品は避けるべきです。敏感肌の方でも使えるような優しい設計のものを選ぶとよいでしょう。